candy
集中力散漫な性格、芯がない人生が災いして、色々な物に興味を持って手を出し、
全部好きになり、全部中途半端になってプロになれない人間、むしろプロになって
他を失うのを拒み悲しい永遠のオールラウンダーかスーパーサブを狙わざるをえないのが
僕なんだけれど、最近はブルースに興味を持っています。

ブルースの何に興味を持っているかというと、音ではなく、まず歴史です。
100年以上の歴史を持つ古い音楽です、通勤電車で本を読んで勉強しています。



c0061299_12493961.jpgクリスチャン・マルカン監督作品「キャンディ」
エヴァ・オーリンがかわいいので借りた、最近こういう動機が多いけれどまあ年末だしいいとする。ストーリーはエヴァ演じるキャンディ・クリスチャンが行くとこ行くとこ変な男に会い、彼らは全員キャンディの魅力にやられ、そいつから離れ移動するとまた新たな男が現れ・・・っていう脚本も何もあったもんじゃない話。というわけで話はつまんないしくだらないんだけれど、マーロン・ブランドやリンゴ・スターはじめ豪華な男優人が次々にキャンディに恋をするのに続き、c0061299_12492639.jpg僕も恋をしてしまう。なんと言っても声がすごくかわいいんだな。容姿もすごくかわいいし服も脱ぎまくるんだけれど、エヴァ・オーリンはセクシーなスターっていうよりサイケでポップなスターって感じ。69年の作品。ファッションも最高で、ポスターなんかもいい。ラストは出演者がよく晴れた草原に大集合していてそこを花で編んだ髪飾りをつけたキャンディが歩くんだけれど、もうサージェントペパーズな世界。★★。


アマゾンの説明やレヴューが的確。
かわいさと60〜70年代の文化的なものが観られるし、撮影もこだわっているとこもあるし、エヴァ・オーリンの演技もいいんじゃないかね。けれど脚本はひどい。(一応原作があるみたいだけれど)。最初に出てくる詩人の髪が常に風でなびいているのが一番笑える。庭師エマニュエルを演じるリンゴ・スターもなかなかはまり役。ちなみに一番最初にキャンディを手に入れたのもリンゴ・スター。

c0061299_13162482.jpgc0061299_13163533.jpg
[PR]
by mooonriders | 2007-12-22 13:14 | movie
<< さかな 野良猫ロック・セックス・ハンター >>


ライフログ
CD bought recently
Movie seen recently
Book read recently
お気に入りブログ
カテゴリ
全体
movie
music
live
sports
思考

diary
idea
未分類
以前の記事
2013年 08月
2012年 01月
2011年 10月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧