実はtaicoclubに行っていた
c0061299_1053326.jpg
売り切れごめんのtaicoclubのチケットを金曜日の夜にどうにか譲って頂き、
8時発のあずさ5号に乗って長野県はこだまの森に潜入した。今年初フェス!
ファンキーなお兄さんお姉さん方に連れられて行ってきた☆


まずはいきなりボアダムス、僕はイマイチこのバンドに惹かれないでいるのは度々書いているんだけど、さて今回はどういう印象を持つのか楽しみである。ギターおばけを操るEYヨがいてトリプルドラムが取り囲むいつものスタイル、EYヨという人は求心力があり周囲のドラマーでさえ彼のプレイを伺いつつタイミングを計って叩いてる(ようにみえる)んだが、今回はステージの周囲360度は観客という特殊な環境であり、前列はEYヨ信者、後ろに行くほど興味本位で観てる層というようにEYヨを中心とした波紋のようになってるのが視覚的におもしろかった。始まるとなかなか意外にもシンプルなダンスミュージックとしてよい、しかし狂ったような叫びを上げだすとどうにも冷める。自分的にイケてると思えないのでもう合わないとしか言い様がないか。ギターおばけはなかなかいい音を出している、一本のギターでも出せる音をわざわざ手間をかけて視覚的に分かりやすくインパクトあるようにみせている、彼らはアーティストだからね。僕みたいな受動的かつポップス出身者な人にはノリ辛いとこがあるよなあ、とか思いつつ後方でゴロゴロしていた。「すげえー」と興奮している大多数の中で「私はダチャンボの方が好き」って疑問顔で言っている女性を発見してほっとしたり、でも興味はあるんだな。


c0061299_1082717.jpg

こんな感じ。

c0061299_1091536.jpg

友達が持ってきたTENORI-ON。


このイベントは約24時間ぶっ通しでフジの1日よりも当然長いのでどこかで寝ないとやってられないのだけど、いつもの性格が災いしてなんとかなるさと序盤から飛ばしていきあふりらんぽあたりではもう雨空の下睡眠モードとなり、ハラカミさんになると無茶苦茶混雑してきて近くを歩く人々に何度も蹴り飛ばされ「ここに人いるから注意!」などと言われる始末。レイハラカミはやっぱり心地良く復活し、次のジム·オルークが今回のベスト。エレキ一本抱えてのアルペジョ弾き語りスタイル、MCはユーモア溢れるオール日本語で。DJや打ち込みの出演者が多い中やっぱ生音よね~と思わずにはいられない。ユリイカの一曲目をやったときがハイライト。

c0061299_10115231.jpg

キャンプサイトの感じ。



c0061299_10122361.jpg

きのこ。




ジムオは空いてたのに卓球でまた混雑してきたので滑り台で山を降りて下でだらだらする。フェス飯はおいしいけど量がやや足りないので一食三品はいってしまうよね、ましてフェスでは一日三食といった概念はないしおまけに最近食欲が半端ないのでとにかく食った。ケバブ、カレー、豚バラ、麦とろ飯、豚汁沖縄そば二杯、タコライス、フォー、担々うどん、ソフトクリームとか。麦とろ飯はよかったなあ、さっぱりしてて。


c0061299_10133355.jpg

寒いので焚き火に群がる。


c0061299_1013423.jpg

ハラカミやジムオがやったステージ。


今回のお目当ては朝7時からのUlrich Schnaussだったのでどうにか粘ろうと思ってたんだけども朝4時頃には雨がぱらつくアスファルトで知らない間に寝てて友達に「風邪ひくよ」って起こしてもらい、焚き火の近くで座って寝るようにしたら6時近くに雨が強くなってきたのでテントに非難、で、起きたら11時でした。ウルリッヒはエレクトロニカシューゲイザーの超メロウな曲をやるんで絶対朝の森の中で半分寝ててもいいから聴きたかったんだけど悔しいかな叶わず。


結局今回もほとんど寝ていてあんまり観てないんじゃないかという感じで、それが最近の定番になりつつあるのを反省しながらも、フェスの季節がやってきたことに喜びを隠せない。次はフジかな。サマソニ、メタモ、センスオブワンダー、朝霧、秋タイコクラブもあるって噂。

c0061299_101444100.jpg

昼までおお盛り上がりでした。

[PR]
by mooonriders | 2008-06-10 10:15 | live
<< キャスターのパッケージ フジ08第7弾 >>


ライフログ
CD bought recently
Movie seen recently
Book read recently
カテゴリ
全体
movie
music
live
sports
思考

diary
idea
未分類
以前の記事
2013年 08月
2012年 01月
2011年 10月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧