タグ:フジロック05 ( 10 ) タグの人気記事
自分の記憶のためだけのFUJIROCKの記録5
8月1日、晴。
八時半起床。

c0061299_121527.jpg
テントを撤収し、ザックにつめて、帰る。
続々と皆苗場を去る、そして、日常へ戻っていくわけ。



風呂に入り、ご飯をたべて、(そこで七福神の名前を皆で覚えたね。)
高速に乗って、またも高坂SAで休憩、道を間違え、西日暮里にて4人とさらば、
西小山で名倉とさらば、圭太と2人で家に向かった。

c0061299_122420.jpg
眠いし、お腹すいたし、金ないし、皆いなくなっちゃたしで、
二人でマイナス思考になって、ああどうやってこれから生きていけばいいのか!とか、
街の灯を見ては、ああ皆1つ1つの家で幸せにくらしているんだな、とか、
うちら何やってるんだろうね。
って会話をした。


そんな中、DOUBLE FAMOUSやSOUL FLOWER UNIONの音楽が盛り上げてくれて、音楽はいいな、中川敬は最高だね、と思った。

そしてようやく8時家についたのでした。
圭太は無事着いたのだろうか。


今日は朝から、金がないので食べ物がなく、賞味期限の切れたビーフンをようやく発見して食べた。
そしてあとはSigur RosやBECKやColdplayやいろいろでかい音で聞き入ってまだまだ余韻に浸っている。
社会復帰?はまだまだ先のようだ。
でもFUJIROCKで、感動できる感覚みたいのを取り戻せたきがするし、何となく楽しげに生きていこうかなーとそんなふうに思っています。


BGM   酒と共に去りぬ / Soul Flower Union
[PR]
by mooonriders | 2005-08-02 20:45 | live
自分の記憶のためだけのFUJIROCKの記録4
7月31日。最終日。晴。


bonobos → SOUL FLOWER UNION → MAMALAID RAG → 上原ひろみ → Beach Boys → Moby → Soulive → sigur ros → primal scream

八時起床。
c0061299_15574180.jpg
今日はいい感じの風呂に入り、いい感じのレストランで、うまいカツカレーを食べた。
ここ三日食事の約8割がカレーライスだ。
とってもうまいし、カレーが好きだ。



c0061299_1603061.jpg
蝉も捕まえちゃったよ。
これはミンミンゼミ。



c0061299_1612140.jpg
今日はグリーンでいくつかライブ見るだろうってことで、後方の芝生に椅子とシートを置いて、本拠地を作った。

ここを拠点に各自個人行動に走る。


c0061299_163663.jpg
僕はいつものようにヘブンへ、bonobosを見るためだ。
まだ晴れている。奇跡じゃないか。
SEED CAFEでオーガニックビール4杯。今日はビールが進む。最終日だしね。
それにしてもbonobosこんな人気なのか!人人人って感じの中にちっちゃく椅子に腰掛けて待つ。

ライブは最高によかった。涙でそうになるくらい。
幸福な気分。thank you for the music!やっぱいい。


おっとしかしのんびり浸っているわけにはいかない。
ホワイトではSOUL FLOWER UNIONが始まっているよ。いかねば。
走って、前の方突っ込んで、踊った!狂った!暑い!楽しい!


あーあ楽しい。再度ヘブンに行くとMAMALAID RAG。
やけに空いている。
これは圭太きっと一番前にいるぞ、と思った。
名倉と遭遇。やはり皆FIELD OF HEAVENが好きなんだ。
圭太は一番前でみてたみたい。
例のオーガニックビール3杯。連飲。吐きそうなくらい酔っている。



c0061299_16151882.jpgオレンジコートへ。
高校の先輩でもある上原ひろみさんのライブ。
かっこいいぞ、かっこいいぞ……………いつのまにか寝てた。
ライブが終わり、圭太に起こされて目覚める。
興奮覚めやらぬステージ前で椅子にすわり爆睡してしまったようだ。
名倉はすでにBeach Boysのためグリーンへ向かっているという。
後を追わねば。


c0061299_16182344.jpg
ところ天国の河原。
つかの間の休憩。


Beach Boysが終わる直前にグリーンの本拠地へ到着。
ラストの曲だけ聞いて、シートの上に寝る、次Moby!!!



c0061299_16221732.jpg
イントロがかかった瞬間跳ね起き、再び踊り狂う自分。
しかも雨、大雨がここにきて降ってきた。
mobyいいなあ。なんかcreepやAC/DCのカバーまでしてるよ。
いいよ。
名曲ぞろいだね。


New Orderもみたいなあ、でも22:30からのsigur rosの前に最後だから会場を散歩することにした。
名倉はすでにヘブンにyouder mountain string band(これがすごくいいみたい)を見にいっちゃったから、圭太と二人でボードウォークで奥のオレンジコートまで行った。


c0061299_1628781.jpg
途中ところ天国で休憩、プーアール茶を飲む。
森に照らされた照明を眺めて、煙草を吸う。
それだけで幸せ。
そろそろ最後だな、っていう寂しさが込み上げてきた。


c0061299_16295363.jpg
へんてこで素敵なオブジェが並ぶボードウォークを行く。
遠くでThe Mars Voltaが聞こえる。
写真を撮っている人が多い。
トリップしだす。
ボードウォークからころげおちそう。



c0061299_16332859.jpg
ヘブン到着。
しばしSouliveの音楽に酔いしれ、飯を喰う。
地面があまりにもぬかるんでいて、足とられる。
泥水に財布をおとしてすべてぐちょぐちょだ。
楽しいね。




22時。
ヘブンのトイレでお父さんを待つ奥さんとかわいい娘がいたから見とれていた。
するとトイレから帰ってきたお父さん、なんとクラムボン、ミト氏ではないか。
奥さんがトイレから帰ってくるのを待つ父と娘の姿を見つめる自分。
とっても幸せそうだよ。
父に抱かれた娘さん、ミラーボールを指差していて、ミトくんが綺麗だね、なんて声をかけているんだよ。いいよね。

ずっとその様子を見てたら、ある人たちが、通りすがりミトくんに声をかけた。
誰かなと思ったら市川実和子!一昨年に続いて目撃。
横には東野翠れん!いいねえ。
実和子さんほんと綺麗、細長いの、すべてが。バランスが。
翠れんさんはかわいい感じで何回も目を合わさせて頂きました。

sigur ros が近付いたから、ちょこっとミトくんに声を掛けて、娘さんとばいばいってやって、ホワイトステージへ。



c0061299_16443444.jpgsigur ros。彼等が出るからフジ来ました。
ものすごい凝ったつくりのステージ。映像、照明。
客は微動だにせず、かれらの最高に冷たい、美しい、恐い、優しい、世界に飲み込まれて、動けず。
寒い、椅子にじっと座って見ている。
圭太は横でトリップしそうになってる。
客で怪しげな動きを繰り広げているやつがいるぞ、と思ったら名倉であった。
彼は歩き回って聞いていた。音楽にはいろんな聞き方があるね。
圭太がアバロンまで言って台湾ラーメンを買ってきてくれた。


最後白い幕が閉じ彼等のステージは終わった。
アンコール無し、最後演奏者皆でおじぎをしていてかわいかったな。


グリーンに戻ってprimal screamをちらっとみたけど、sigur rosのあと見る気がせん。
もう自分のフジロックはsigur rosで終わった。
グリーンで寝た。

最後終わったね、なんて会話をしながら、いつものように寝る前のカレーを食べて、寝ました。


BEST ACT   Sigur Ros

( )
Sigur Ro´s / MCA




Agaetis Byrjun
Sigur Ros / Fat Cat
[PR]
by mooonriders | 2005-08-02 16:58 | live
自分の記憶のためだけのFUJIROCKの記録3
7月30日曇り


copa salvo → Dachambo → SKA CUBANO → サンボマスター → クラムボン → BECK

8時起床、風呂へ行く。
遅めの起床で風呂が大混雑、越後屋というところへ。
やけに待時間長いなあとおもったら、ここ風呂が二人用なわけ、湯がしょぼしょぼしていた。

のんびりしていたら大好きなcopa salvoの時間が迫っているではないか。
急いでヘブンに向かう。SEED CAFEでオーガニックビール2杯。


c0061299_1183380.jpg
今年も地面がやばいことになっている。
そしてcopaは最後の2曲しか聴けなかった。ショック。
ここで豪雨。
そしてDachamboのライブが始まった。
これが最高!豪雨の中踊り狂った。一番踊った。パンツびしょぬれだ。



酔いも手伝ってご機嫌だったな。
サニーデイとかを歌いながら山道をアバロンに向かう。


c0061299_1184752.jpg
雨の中SKA CUBANOを見る。
昨晩みたやつらだ!
これがまた楽しいよ。
名倉が狂い出して、ふらふら前の方に行った。
それを見て圭太と笑ってた。


c0061299_1185983.jpg
その後ホワイトへ、サンボマスターを片耳で聴きながらゴミの分別キャンペーンをした。
ものすごい人。
雨。
お気に入りの青いリュックが踊りすぎで破れたのでタワレコリュックをゲットする。



昨日の筋肉痛と今日の酔いと大雨で異常に体力が奪われた我々は日没前なのにテントに帰って寝ることにした。

レッドマーキーでクラムボンが聞こえる……………………

起きろっって声で起こされた。
まだレッドマーキーでクラムボンが聞こえる……………………
起きるの早くないか。もう行くの?って感じだったけど、
次はBECKだからね。


入場ゲートあたりでBECKのうたがよく聞こえ小躍りしながらグリーンへ。
BECKよかったなあ、ベストに挙げる人も多いみたい。

服が濡れているので寒い。上着も濡れているからTシャツにカッパを羽織るが寒い。
オアシスで食い倒れツアー。チャイがうまいよ。

雷と豪雨から避難しパラソルの下へ。
名倉と圭太が哲学について語っているのを楽しげに聞いた。
結局fatboy slimもヘブンに行くこともせず、今日は眠ることにした。



c0061299_1191267.jpg
靴、いいかんじ。





BEST ACT   Dachambo

aphrodelic ngoma
Dachambo / インディペンデントレーベル
I
[PR]
by mooonriders | 2005-08-02 15:48 | live
自分の記憶のためだけのFUJIROCKの記録2
7月29日。

白井貴子 → Tokyo No.1 Soul Set → the beautiful girls → coldplay → Rovo → RYUKYUDISKO → SKA CUBANO

6時起床、晴。
会場近辺を歩き回り、風呂にありつく。風呂探しには苦労する。

その後越後湯沢駅付近までドライブ、ぽかぽか陽気のなか気持ちいいよ。幸せだ。BGM Moby。

今日は15:20のソウルセットまで特に見たいバンドは無いので、これはチャンス、ドラゴンドラ乗って山の上、サイレントブリーズに行ってみた。

c0061299_9403484.jpg
サッカー、フライングディスク、キャッチボール、をした。

その後長縄大会が始まって、我々も貢献した。

はしゃぎ過ぎて、足全般が過疲労、これが活動に悪影響を与えたような気もする。


さてようやく会場内に入ってグリーンやホワイトには目もくれず、ヘブン方面に向かう。
しだいに天気は悪い方向に変化し、雨が降り出した。
自分は不覚にもカッパをテントに忘れていて、それを取りに帰る。

c0061299_10241950.jpg大学の知り合いに遭遇したり、しながら、ようやくアバロンへ。
去年から気に入っているオーガニック食堂つぶつぶカフェだっけ、そこでご飯。

白井貴子のステージで名倉&圭太と合流を果たし、いよいよヘブンのTokyo No.1 Soul Setのライブに挑む。


c0061299_10255094.jpg不安定な天候の中、これまた去年から飲み続けている、SEED CAFEのオーガニックビールを飲みまっくて深酔。
そのままダンシング イン ザ レイン。

Soul Setは最高で、その後ずっとベストアクトだ!と言い続けていた。
まだ一つしかライブみてないのに。


酔いと疲労でthe beautiful girlsを見ながら寝てしまう。
最初と最後の曲しか覚えていないし、なんか結構前のほうで堂々と椅子に腰掛け爆睡していた。


c0061299_10461443.jpg
coldplayを一目みるために、のんびり散歩しながらグリーンステージヘ向った。

steel pulse前の雨のホワイトステージの写真。
ここに浅野、チャラ夫妻がいたらしい。チャラ見て失神したいな。



c0061299_1049115.jpg
ところ天国で休憩。
ここは川があって、お店もあって、映画のスクリーンもあって森に囲まれてて、
とても美しいところ。

c0061299_1056576.jpg
ばてばて、グリーンへの道のりは長い。
キッズランドで休憩。
子供達のための場所。
フジロックはちっちゃい子が結構来てる。

c0061299_10584313.jpg
そしてcoldplay。
わあすごい数の人だ。
ライブはまあまあよかった。椅子に座ってみた。ギターと鍵盤の音がよし。グリーンは音がよろし。
でも彼等を聴くのはCDでもいいな。でもよかった。
てかグリーンで最高のライブというのは考えにくい。でかすぎて。


c0061299_13575332.jpgはるばるグリーンに来たが、またすぐにRovoを見にヘブンへ。
ホワイトからボードウォークで一直線に進む。
ここの光の演出を考えた人は天才だ。
別世界に迷い込んだ錯覚、ふらふらして森に落ちてしまいそうになる。

横でThe Poguesが聞こえる。とてもかっこいい!!!



c0061299_1434230.jpgあぁ来るべき所に来たって感じ、もう最高のヘブン。
そしてRovoを堪能。オクラと大豆のカレー煮ごはんを食べる。これ絶品。
Rovoの照明の演出がすごい。
ここから全宇宙に発信しているみたい。

去年会ったせんちゃんに遭遇し、名倉と3人でたくさん話をした。


そのままオレンジコートへ。
オールナイトフジ、RYUKYUDISKOで踊る。
横にスナフキンみたいな格好のよろしいお姉さん。
彼女をみながら踊る。
名倉がRYUKYUDISKとORANGERANGEの関係を教えてくれた。


疲れた、帰りの渋滞で一苦労。

ところ天国で再び休憩。ホットチャイを飲みながら、映画DEEP BLUEを鑑賞。
すごい気持ちいいよ、森の木々へのライトアップ。


c0061299_1417987.jpg
帰り際、最後にパレスオブワンダーでSKA CUBANOのライブで踊る。
このテント暑い!
ライブもすごい、巻舌でのりのりだ。

ここはカジノなんかもやってて、芸人や怪しげな金髪姉ちゃんがいておもしろかった。



しめにカレーを喰って寝る。


BEST ACT   Tokyo No.1 Soul Set


9 9/9’99 野音
TOKYO No.1 SOUL SET BIKKE 渡辺俊美 川辺ヒロシ / ビクターエンタテインメント



OUTSET
TOKYO No.1 SOUL SET / ビクターエンタテインメント
I
[PR]
by mooonriders | 2005-08-02 13:52 | live
自分の記憶のためだけのFUJIROCKの記録
7月28日。
朝三時我が家から圭太と二人で出発する、8人乗りレンタカー。
目的地は西小山、名倉を拾う、これで3人。BGM Moby。

朝七時、西小山発、慶応大学三田キャンパスへ向かう。
ここで更に4人合流。

朝九時、三田発、苗場へ向かう。関越道、高坂SAで休憩。
車内何をしていたか記憶なし、BGM記憶なし。

昼過ぎ苗場着。c0061299_2340378.jpg
快晴、日が肌に痛い。

リストバンド交換入り口の延々の行列に並び他愛の無い会話を交わす。


c0061299_23441439.jpg
テントサイトで我々のコールマンを建てる。

山岳部、テント設営はお手のもの。



ひどい睡魔に襲われて、前夜祭まで眠ることにした。
その間、うちらのグループの交流バーべキューが行われていたみたい。
これに欠席したために、最後まで打ち解けれなかった感を感じてしまったのは否めない。


夜七時オアシスエリアで恒例の苗場音頭が聞こえてくる。
入場してオアシスについたのが八時だった。盆踊りができなかったよ。残念。

c0061299_2354255.jpg
だけど花火はしっかり見たよ。
そして、レッドマーキーのスカバンドを聴きながらビールを飲み、カレーを食べる、
沖縄そばを食べたらおいしかった。
そしてDJブースでずっと踊った。


疲れてテントに帰る。
途中パレスオブワンダーのデコレーションを物色、そして寝る。


前夜祭の記憶が実際のところほとんどないのが辛い。

FUJI三度目なのだが、慣れてきて、計画通りにスケジュールをこなそうとする傾向が出ていて、それが出たとこ勝負的な面白さを削いでいる気がする。

でも明日のことを考えて無難に寝る私。


BGM   Find My Baby / Moby
[PR]
by mooonriders | 2005-08-01 23:47 | live
FUJI ROCKへ行ってきます
なんか朝出発だと思いきや、3時に出るそうで。
準備なんもしてないし、
ゆっくりネットしてから行こうとおもっていたけれども、

もう行きます。
皆さんさようなら。


BGM   風にあずけて / advantage Lucy
[PR]
by mooonriders | 2005-07-28 02:33 | music
散策
久しぶりに自転車で隣駅の京王堀之内を巡りに行く。
いつものコース。
ブックオフ→マライカ→ドンキホーテ→レンタルビデオ
ビデオを先に借りるとブックオフやドンキでピーってなるので一番最後に行くのがポイントだ。
ちなみに返しにいくときは最初にビデオを返して、いつものコースをまわり、最後にビデオを借りる、という面倒くさいことこの上無しってなことをする。


ブックオフで五冊買った。東野圭吾、池澤夏樹、江戸川乱歩
そのうちの一冊

少々おむづかりのご様子
竹中 直人 / 角川書店




こいつが100円で売っていたら必ず買うことにしている。
そして誰かに強引に差し上げて竹中の世界のおかしさを共有しようとしているはなはだ迷惑な私。
現在在庫2冊。もう4人に配った。


マライカに行く、帽子を探している。
格好よいパンツ発見、紫、ラメ、スカートと合体したみたいな。
フジロックで着たい!と思う。
フジロックの衣装選びは大切だ.
お洒落はもちろんだが最優先はその天気の多彩な変化に対応できるかである。
昼は暑く強烈な日射、夜は寒い、そして雨は絶対降る。
高性能の雨具とあと重要なのは靴である。
長靴がベストだが、ないし動きにくそうだから軍ブーツで行く予定。


ドンキに久々に行く。
久々だからまとめ買いをする。
ひげそり、洗顔、米…
不精な私、ひげそりや洗顔といったものを、同居人さとると勝手に共有していた。すまん。

帰り雨に降られる。たまには気持ちいい。が昔は水が嫌いだった、特に顔に触れるのが。
シャンプーが嫌で泣いていた幼少のころの思い出。

今夜はバイトだ。営業スマイル。
今日も誰とも一言もしゃべっていない、しゃべり方を忘れる、自転車に乗りながら練習する。
いらっしゃいませ、おまたせいたしました、ありがとうございました。
ありがとうございました、がうまく言えない。

安売りしていたコーンフレークに牛乳をかけて食べる。うまい。
これ三食にして浮かそうと思ったがこれ止まらない。すぐなくなる。


BGM   檸檬 / polaris
[PR]
by mooonriders | 2005-07-09 17:32
FUJI ROCK FESTIVAL 05
いよいよ我々のチームの中でもフジロック熱が熱くなってきている。
チケットをそろえ、テントも買い、レンタカーもして、期待は高まる。


今回楽しみにしているバンド。

一日目
Coldplay
ROVO
the beautiful girls
TOKYO NO.1 SOUL SET
RYUKYUDISKO

二日目
Fatboy Slim
Beck
クラムボン
TOWA TEI
copa salvo

三日目
The Beach Boys
Moby
Sigur Ros
SOUL FLOWER UNION
SUGIURUMN
bonobos
上原ひろみ
おおはた雄一

本当に知らないアーティストばかり。
毎年フジロックで偶然ステージをみることによって好きなアーティストが増えていく。
これが楽しい。

フジロックではライブは二の次くらいの感覚で場を楽しむことが
最もフジロックを楽しむことなのである。


BGM   still / Tokyo no.1 soul set
[PR]
by mooonriders | 2005-07-05 01:15 | music
都市空間
フジロックフェスティバルを都市空間的視点で考察したらどうなるだろうか?


一年に三日だけ存在する人口三万人の都市。
リゾート的存在かな。

年齢層には偏りがあって、子供は少なくまた老人もすくない。20代30代が圧倒的な割合を占める。

そこは貧富の差があって金持ちはホテル。大多数はテント暮しである。移動式住居、遊牧民。いやホームレス的か?いや機能がない住居か。空間のみ。空間は機能を捨てる。
いや機能はあるか。倉庫と寝室のみの機能。

この街ではあらゆる行動が屋外でおこなわれる。設備機能は全ての民に共有されるのである。トイレ、風呂、水、。または一斉的ともいえる。食事機能は集合されていて、皆そこにいって食事する。

よくわからんくなった。
まあ今年もこの都市のいち住民として
三日間楽しむつもりだ。


BGM   Space Moth / Stereolab
[PR]
by mooonriders | 2005-05-28 04:25
KOGE
明け方四時頃目が覚めた。
無性にはらが減ったのでカレーを温める。
その後部屋に戻ってパソコンをつけ眺めているとうとうとしてきた。
一度焦げ臭いにおいがしたが部屋の電気ストーブに接近しすぎていた毛布や布団に付着したほこりか何かが燃えていると思い込み再びうとうとした。

**********************************

トイレにおきたとき異常に気づいた、部屋が煙で充満していたから。
はっカレーが焦げている、ショック。

火を付けていたことをあっさり忘れていた自分がショック
部屋全体に煙がまわり12時間以上たった今も異様に臭いのがショック
愛用のかわいい鍋が黒くなったのがショック
貧乏な自分、あと5杯分はあった大好きなカレーが真っ黒になったのがショック



フジロック05のアーティストが発表になった。
シガーロスがいる。超みたいわーホント。
今年もいこうかな。


BGM   中央線 / 矢野顕子
[PR]
by mooonriders | 2005-02-28 01:21 | diary


ライフログ
CD bought recently
Movie seen recently
Book read recently
カテゴリ
全体
movie
music
live
sports
思考

diary
idea
未分類
以前の記事
2013年 08月
2012年 01月
2011年 10月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧