タグ:DVD ( 12 ) タグの人気記事
浮遊感
4年生の設計中間発表が終わり、日が沈んで暗くなった9号館が終わりと始まりの予感に包まれて、そんな中、自分も晩から夕方まで資料を作り、教授とのモスクの軸がああだこうだ、とかいった議論を終えていい気分になっていた。


研究室の食料が尽きたので、サンドラッグにいき食パンとカップヌードルを買った。最近トースターを研究室に導入し、その金は研究費から出るわけがなく、僕らは毎日10時に研究室に来ることを誓っているのだが、今朝nakamura氏がその誓いを破ったので罰として彼が支払った。そういう理由もあって、近頃は食パンとカップヌードルとお菓子くらいしかたべていなかったのだ。


いろいろな状況が重なった結果、酒を飲みたくなった。
サンドラッグ帰りに居酒屋により、大学にはウイスキーもあるから、ということで1人で1時間半位かけて3杯だけ飲み、オン・ザ・ロック用のアイスを買って大学に戻った。


映画を観ながらウイスキー飲もう!と思ったのだが、思ったよりも酔っていることに気がついたのでやめた。3杯でこれだけ酔えるのならいつも3杯でいいや。いや、多分2杯でもいいはず。
この映画はやけに色味が強く、そのせいなのか酔いなのか俺が今日また老いたからなのか、目が霞んできて、字幕さえもが見えづらくなった。シャロン・ストーンの美しい顔さえ見えない。目薬をさしたり、眼鏡をかけたり、部屋を真っ暗にしたりしたけれど、結局駄目だった。
23時頃だったかnakamura氏がその真っ暗な部屋を訪れたのだが、さぞ気味が悪かっただろう。ちなみにそのDVDは彼がTSUTAYAで借りていたものだ。


ブロークンフラワーズ
ビル・マーレイ / / レントラックジャパン


思ったよりは楽しめなかった。
その理由は、まず、公開されたときに見ようと思って見なくて、DVDになったときに見ようと思って見てなくて、来週久々に改装した早稲田の松竹で上映されるから行こう!と思っていて、「ようやく」だったので期待が高まっていたこと。
次に、最近ビル・マーレイを見すぎたこと。存在感も演技も濃いから、今回はそれが悪い方に出た。
次に、目の調子が悪かったこと。ちなみに酔うと目が充血するので、もともとの顔や表情もそうだけれど、余計に退廃的な顔になってしまう。
最後に、ジム・ジャームッシュの他の作品が面白すぎること。ダウンバイローやナイトオンザプラネットや。あとコーヒーアンドシガレッツの4話とか。
ついでに、俺がピンク色をあまり好まないこと。


でも、思ったよりってだけで、つまらなかったわけではない。
ウィンストンの家族がかわいかったり。ウィンストンがドンに贈るCDに入っている曲がよかったり、主題歌もよかったり。あと最後に出てきた実の息子らしい若者がMLBのヒューストン・アストロズに所属する屈指のスラッガー、ランス・バークマンに目のくりくり感が似ていたとろこなんかぐっときました。

c0061299_13394964.jpg

[PR]
by mooonriders | 2007-01-10 13:44 | diary
のみ日記
言ったとおり用もなく街に出てふらふらしてきました。
はた迷惑なメイルを幾人かに送った結果sano氏とikejiri氏がいい返事をしてくれて、あとnaomichan相手してくれてありがとう、水タバコよろしく!で、結局ikejiri氏と飲んできたわけで、感想としては、浜松にも結構イカス飲み屋があるもんだなってことでした。
今日はビール、お酒で初亀と黒龍、焼酎で兼八と三岳を飲んできたのだが、ここまでお酒が揃っている居酒屋@浜松に行ったのが初めてだったので楽しかったです。

今日は昼に阿呆な映画を一本みました。

ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう
ウディ・アレン / / 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



ま、これは阿呆な小話がいくつかあるのだが、最後の「射精のメカニズム」とか最高に馬鹿なことを真面目に映像化していて感銘を受けました。
でも全体としてはスリーパーの方が笑えるかな。ウディ・アレンの映画はアニー・ホールとかよりも上記二つのようなこだわって作りこまれているコメディが好みです。それにしてもウディ・アレンはいつも相手役にとびきりの美人をつけて、このやろ!映画監督っていいなって思いました。

ちなみに帰省先でみたもう二本。

エターナルサンシャイン
ジム・キャリー / / ハピネット・ピクチャーズ


結構な話題作。ミシェル・ゴンドリー監督。
記憶という題材を扱うことで、彼の狂ったようにサイケな映像を使える場を作ったという感じ。
ええ、そこそこだけれど、別にもう一度見たい気はしない。
ケイト・ウィンスレットの髪型や髪の色がしょっちゅう変化していて、撮影の準備は結構面倒くさそうだな、ロケもいろんなところでやってそうで、手間はかかってるなという感想を持ちました。

コーヒー&シガレッツ
/ 角川エンタテインメント



5回みました。
気に入っているのが4話と11話。両方おじいちゃんが二人でコーヒーを飲んでいる話です。
4話は爆笑。スカスカ声のおじいちゃんが豆を噴出すとこが最高に笑えます。
11話はとっても幸せを感じさせてくれる話です。



では、明日関東に戻ります。今年はやるぞ!
(泥酔して落書きされてる昨年末のだめな俺。の証拠写真を反面教師的に掲載。撮影ワルシン。)

c0061299_2361725.jpg

[PR]
by mooonriders | 2007-01-04 02:32 | diary
二日酔いでの年越し
昨晩は浜松に戻ってすぐに飲み会でした。
浜松の街中が随分様変わりしていてびっくり、とくに駅と有楽街。
飲み過ぎて、二次会に行ったとこまでは覚えているが、その後3時ころカラオケでハイロウズを歌っているまでの数時間の記憶がない。
朝起きたところで顔面に落書きをやられていたことに気づいた。
この顔で街を徘徊していたのか・・・
おまけに酔って財布を無くしたと思って慌ててしまった。
友達の家に置き忘れていただけだったけれど。カードストップかけてしまいました。

今日は大晦日のくせに二日酔いでノンアルコールである。
階下では家族がTVを前に盛り上がっているが、自分は映画を観て年越しである。

コーヒー&シガレッツ
/ 角川エンタテインメント

ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう
ウディ・アレン / / 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

エターナルサンシャイン
ジム・キャリー / / ハピネット・ピクチャーズ


[PR]
by mooonriders | 2006-12-31 19:28 | diary
整理
DVD五本を三日で観ました。

アニー・ホール:ダイアン・キートンがおしゃれで笑えて、かわいくていい。おもしろいんだけどウディ・アレンが濃すぎてそろそろ飽きてくる。
ミステリー・トレイン:第一話の永瀬正敏と工藤夕貴の話が下手くそでいらない。ただし永瀬正敏のジッポの扱いは必見。二話と三話はおもしろい。
ある子供:雰囲気は好き。ぶちっと終わるラストと無音のエンドロールがとてもいい。序盤は微妙。終盤はいい。
さすらい:今までみたアントニオーニの作品で一番分かりやすかった。愛の不毛である。いきなり愛してないとか言われてもどうすればいいの?って話である。
スイミング・プール :おもしろい。これは好き。



今年見た映画でよかったもの。(別に今年公開された映画ではない)

ジャック・ベッケル「穴」
フェデリコ・フェリーニ「道」
アラステア・フォザーギル「DEEP BLUE」
ヴィム・ヴェンダース「ランド・オブ・プレンティ」
ジム・ジャームッシュ「ナイト・オン・ザ・プラネット」
ヴィム・ヴェンダース「都会のアリス」
小津安二郎「東京物語」
小津安二郎「晩春」
小津安二郎「麦秋」
ジム・ジャームッシュ「ダウン・バイ・ロウ」
ウディ・アレン「スリーパー」
フランソワ・オゾン「スイミング・プール」



今年みることができてうれしかったライブ。

Mogwai@新木場
The Pogues@渋谷
Belle and Sebastian@品川
Sigur Ros@渋谷
曽我部恵一@恵比寿
Madness@フジロック
The String Cheese Incident@フジロック
The Benevento/Russo Duo@フジロック
Broken Social Scene@フジロック
Mogwai@フジロック
The Pogues@朝霧JAM
Mojave 3@朝霧JAM
Ron Sexsmith@朝霧JAM


今年CDを買って出会ったり思い入れが深まったりしたバンド

Boards of Canada
The Album Leaf
The Flaming Lips
Yo La Tengo
Brokenn Social Scean
Benni Hemm Hemm
Tristeza
Death Cab for Cutie
Mojave 3
The Arcade Fire
The Delgados
Calexico
Ulrich Schnauss
The Radio Dept.
Brian Eno


来年も素敵な出会いがありますように。
あとやり残したことって何だろう。
[PR]
by mooonriders | 2006-12-27 10:25 | movie
merry christmas
今朝は大学で8時に起床し、そのまま作業をした。11時頃に家に帰るために外に出た。学校にはひとっこ1人いない。住宅地もシーンと静まり返っていた。今日は24日。みんな出かけたかな。僕もでかけよう、と思った。現代美術館とbunkamuraをはしごしようと。
家に帰ると母から贈り物が届いていて、求職もせずふらふらして心配かけているけれども、昨日も今日もそうであるように、自分は元気に幸せにやっていますとも!と妙な事を伝えたいような気持ちになった。

うとうとうと・・・・起きたらなんと、外は暗かった。ああ、このまま一日が終わってしまう。自転車に乗る。昨日買った曽我部恵一/love cityがとてもいい。とりあえずTSUTAYAへ。クリスマスは映画三昧となりそうだ。


ウディ・アレン監督
アニー・ホール
ウディ・アレン / / 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


ジム・ジャームッシュ監督
ミステリー・トレイン
/ パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン


ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ監督
ある子供
ジェレミー・レニエ / / ハピネット・ピクチャーズ


ミケランジェロ・アントニオーニ監督
さすらい
スティーヴ・コクラン / / アイ・ヴィー・シー


フランソワ・オゾン監督
スイミング・プール
シャーロット・ランプリング / / 東北新社




それでは、素敵なクリスマスを!!
[PR]
by mooonriders | 2006-12-24 12:43 | diary
一週間
一週間遊びすぎた。まだ20世紀少年のことを考えている。大学でずっと考えている。時々家に戻って読み返したりもした。最初のヴァーチャルのところで何を根拠にヨシツネは「ともだちの顔を見たら死ぬ」と言ったのだろう。結局小泉響子は屋上に行き、宇宙人と交信しようとしているサダキヨを発見、そして後ろにいたともだちらしき忍者ハットリのお面の人物の顔を見てしまう。でもそれはサダキヨの大人の時の顔だったじゃん。サダキヨ2人???双子?
やっぱりともだちはサダキヨではない気もする。サダキヨは転校していったが、ともだちとケンヂは中学もいっしょだったはず。あとは理科室の事件でフクベエに何が起こったか。あそこで死んだのか。カツマタ君が死んだ事件の詳細も気になる。
ともだちはドンキーなのか。読者の多くは「ドンキーがともだちだったらやだ」と思うだろう。そこを突くのか。どちらにしても、整形とか双子とかそういうのだけはご勘弁、よく知っている誰かがともだちであってくれますように。最後のキーは22巻に出ていたおかしのおまけについての逸話だ。25日からスピリッツで連載再開らしい。


頭をリセットするために映画を観た。


ウディ・アレン監督
スリーパー [MGMライオン・キャンペーン]
ウディ・アレン / 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
スコア選択: ★★★★


ジム・ジャームッシュ監督
パーマネント・バケーション
クリス・パーカー / キングレコード
スコア選択: ★★

フランソワ・オゾン監督
8人の女たち デラックス版
カトリーヌ・ドヌーヴ / ジェネオン エンタテインメント
スコア選択: ★★★★



スリーパーすごく楽しかった。未来の機械や服や建物や家具や全部かわいい。そして変な格好して身体をはっているウディ・アレン始め役者がおもしろい。爆笑。
パーマネント・バケーション、かっこいいシーンや言葉がいろいろ見られるけど楽しくはない。
8人の女たち、やっと観れた。複雑かつ単純な物語。これもおもしろかった。


Hot Rail
Calexico / / Quarterstick

Much Against Everyone's Advice
Soulwax / / Play It Again Sam

Under the Western Freeway
Grandaddy / / Will

Eating
Takagi Masakatsu / / Karaoke

サンガツ
サンガツ / / ブルース・インターアクションズ



CDも大量。いよいよここに来て金が無くなってきた。年末ピンチ。
そうとう節約して乗り切って、年末は29日のバイトが済んだら関東を離れ30日に浜松に戻るつもりなので飲みましょう。
[PR]
by mooonriders | 2006-12-21 01:31 | diary
年末だ。
こんばんは。

年末に向けて、やっていること。

①ひげをそる。
二ヶ月伸びた無精ひげ。ひげが伸びて感じたことは、ひげだって一ヶ月に一センチ伸びるんだなってこと。自分のひげのうち10数本が綺麗な茶色をしていたこと。

②買い物をする。
カードは極力使わないようにしていたのだけれど、先日靴とネクタイとベルトを購入。次の給料でついにスーツを買って就活するか?

③映画を観貯める。

ジム・ジャームッシュ監督。主演の三人、特にジョン・ルーリーが最高!ベニーニは大好き。
ダウン・バイ・ロー


サム・メンデス監督。これはやっぱ傑作じゃないか。
アメリカン・ビューティー


ソフィア・コッポラ監督。脚本がいいよね、新宿も美しい。でも撮影とカット割はいまいちかもな。大胆でおもしろいけれど。日本って不気味。マリー・アントワネットも楽しみです。
ロスト・イン・トランスレーション



④CDを買貯める。
最近中古屋ばかり巡るために、新譜が高く見えて手が出ない。BECKもコーネリアスも買ってないし、更に随分前に出たさかなの新譜を買ってないことに気付いて焦る。miguも買ってない。special othersも聴きたいな。コーネリアスはルーシーのアイコさんもはまってるってメルマガに書いてあった!アイコさんとはちょっと趣味が合って楽しい、来年のアルバムリーフのライブにも行くとか!?年末のライブの予定は今のところ無い。ルーシーのライブに行きたくなった。今月は20日と25日に下北であるようだ。25はアルバイトだが、20ならもしかしたら行ける!

In the Reins
Iron & Wine Calexico

Fun
Daniel Johnston

A Love Supreme
John Coltrane

The Civil War
Matmos

Far Away Trains Passing By
Ulrich Schnauss

Pet Grief
The Radio Dept.

[PR]
by mooonriders | 2006-12-15 01:21 | diary
realism

久々に映画鑑賞。

山下敦弘 / リアリズムの宿

つげ義春原作の名作漫画の映画化である。
鳥取で撮影したようだが、日本独特の寒々しい色合いがシュールな世界をつくりあげる。ストーリーは原作に忠実というわけではないが、雰囲気は充分出ていると感じた。

彼の映画にいっつもでてる個性派俳優、山本浩司。
最初彼の虫みたいな顔が少し苦手だったが今は大好きな俳優さんだ。

可愛いあっちゃん、可愛い女の子がいると映画に夢中、まさに花。そして彼女に思いをよせる木下、とっても丁寧に描かれていて、しかも穏やかな感情の変化がなめらかな曲線で描かれていて好感!ぶつぶつ切れたり、波が激しいのはちょっと嫌いである。

彼の映画は、あっ俺にも映画撮れそうと思わせるくらい単純だし安っぽい。
だけどとってもおもしろい。

次回作にも期待!


BGM   Birthday / くるり
[PR]
by mooonriders | 2005-03-07 02:23 | movie
war

あっという間に三月である。
暇な時間が増え何をやっていいかわからない。
コンプレックスに悩んで外にも出ず寝てばかり。
本当に情けない。


映画を見た。

スタンリー・キューブリック / フルメタルジャケット

虚しい映画だった。
悲しい。

序盤の軍隊のシーン。
人格を強制する。
悲しいことに人格や思想は刷り込みを受け付ける。
恐い。


BGM   冷たいギフト / ゆらゆら帝国
[PR]
by mooonriders | 2005-03-03 18:09 | movie
Paris

ジャン・リュック・ゴダール / 勝手にしやがれ

何故ナンパでだらしない男はかっこいい?
男前だから、そりゃ当然。

ミシェルはパトリシアにほれていて、口説いたりちょっかいだしたりする。
それは全くさわやかでいやらしさがない。

うーん、やはり格好よいからだ。
スタイル良しお洒落。

うーん、彼見たいに格好よくなりたいものだが、
無理な話だ。


BGM   Juanita / Underworld
[PR]
by mooonriders | 2005-02-28 10:17 | movie


ライフログ
CD bought recently
Movie seen recently
Book read recently
カテゴリ
全体
movie
music
live
sports
思考

diary
idea
未分類
以前の記事
2013年 08月
2012年 01月
2011年 10月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧